都農町を中心にして、人と人とがつながり絆を結ぶために自分たちでできることからやってみよう!というグループです。
プロフィール

くらりねっとママ

Author:くらりねっとママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

先月1月14日と、今月2月18日の土曜日、グリーンカーテン作り隊の活動を行ってきました

先月の活動報告を書いたつもりで、書いてなかったので、まとめて報告します

1月14日(土)、快晴

大人9名、高校生1名、小学生2名、未就学児1名の合計13名が参加下さり、

3ヶ所のお宅と、1施設に伺いました(^^)/

そして、今回も中山間盛り上げ隊の方が3名駆けつけて下さいました。

皆さん、いつもご協力ありがとうございます<(_ _)>
3班に分かれて、いざ、訪問先へ

KC4D0293.jpg

お花のお手入れ

KC4D0294.jpg

だいぶ育ちました

KC4D0296.jpg

昔の名盤たち

KC4D0298.jpg

巨大スピーカーからの音色

KC4D0300.jpg

「もう、手があまり動かないの」

KC4D0301.jpg

「わたしが、さすってやるわ

麻生さん家・亮汰・照子・常子2

らぶらぶ

麻生さん家・亮汰・照子・常子

はいチーズ

そしてB施設へ、みんなで移動
ぶどうのみ

紙芝居の、始まりはじまり

KC4D0304.jpg

五ヶ瀬から参加のYさん、歌います

DSC_0046.jpg

子どもたちも活躍します


そして

2月18日(土)、快晴

大人10名、小学生4名、未就学児1名の合計15名が参加下さり、

4ヶ所のお宅と、1施設に伺いました(^^)/

そして、今回も中山間盛り上げ隊の方が3名駆けつけて下さいました。
4班に分かれて、いざ、訪問先へ

麻生さんと亮汰,龍真,常子

子どもも傾聴します

麻生さん家・亮汰,龍真

なわとび披露

P1060233.jpg

アットホームな雰囲気で

P1060234.jpg

自然と笑顔

DSC_0088.jpg

いい天気いい景色


そして、K施設へGO
DSC_0099ハート

うれしい!!写真が掲示してありました<(_ _)>

P1060238ハート

子どもたち、跳びます

P1060247ハート

跳びます

P1060249ハート

なにしゃべってるの

P1060251ハート

さぁ、最後はおまちかね、「炭坑節」

P1060252ハート

踊ります

DSC_0087.jpg

この訪問で使う「歌本」は、居場所の方々の手作りです

いつもありがとうございます<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちの様々な活動は、究極の「これから」民主主義の原型だと思っています。

宮台真司教授(首都大学東京)によると、

多数決イコール民主主義ではない、参加自治こそが民主主義の本義だ。」
という事です。
多数派が、社会にとってより良い選択をするためには、

大多数の人が社会全体の人の事思いやっているという前提が
どうしても必要になります。

ただ、「思いやる」という事は理屈で「考えるだけではない」という事を知っておかなければなりません。

つまり、社会への参加(単なる投票ではない)による経験が思考に裏打ちされている必要があるという事です。

言い換えると、人との関わりによって生まれる理屈になりにくい共通感情からなる共同体からこそ
社会のしくみは生まれてこなければならないという事です。

逆に言うと、社会に共通の感情言語空間が十分に担保されていれば、

少数のエリートによる寡頭政治であっても、それが共同体から生まれたものであって、
お互いにつながっていれば、民意を汲んだ、より良い政治が出来るとも言えます。

しかし、昔は生まれながらに共同体の中に生れ落ちていたものですが、
今は、長年暮らしている土地であっても、隣に住んでいる人が何を人生の価値としているのか、

どのような考えを持った人と仲間意識を持っているのか分からない事が問題です。
共通の感情どころか、共通の言語空間さえ持ちづらい世界になっています。
そのような中で、多数決をとれば、共同体全体の利益のために私欲を押さえるといったような

公共的な意見は影をひそめ、我欲を満たす利己的な意見が、
さも合理的で正しいと思われてしまいがちです。

それではどうすべきか?

「助けあい、支え合う」暮らしにこそ価値があるという共通認識を住民が持ち、

地域に困っている人がいれば何とかしたいという「内なる衝動」が起きることが第一歩です。

その為に、住民それぞれが「くらし」の中でお互いにかかわり合う「仕組み」に意識して参加経験し、

一人ひとりが考え提案し行動していく経験を積み重ねていくことです。

決して誰かリーダーに引っ張って連れて行ってもらうのではないのです。

誰かに連れて行ってもらう方が楽ですが、共同体が昔ほど機能していない中では、

その代表者の価値観行動が、地域で暮らす人たちみんなの共通の価値となる事は少ないのです。

共同体が担保された社会では、リーダー価値観と共同体の価値観が同じだという前提が成り立ち

リーダー主導の「くらし」づくりが、自治的であるともいえるのですが、

個人の自由権利のために共同体的な体験が最小化される事が、

「便利」「暮らしやすい」社会だとされるなかでは、

リーダー価値を受け入れる事だけでは納得した「くらし」には結びつきません。

これからは、「住民ひとりひとりが参加し、経験し、熟議する自治の過程にこそ価値がある。」
という社会になっていくのだと思います。

みんなで考え関わり合う、そういう仕組みづくりは、多くの人は未経験で、困難ですが、

その困難さこそが、自分たちが「くらし」を作っているという生きがいにつながるのだと

私たちの活動の経験から強く思います。

だから、これからもこの仲間と共に学び続けたいと思います

次回は、3月11日(土)午前9:30都農ふれあいの居場所集合です。

お待ちしています♡<(_ _)>

DSC_0097.jpg
スポンサーサイト
<< 第9回都農くらす 津軽三味線演奏 // ホーム // みんなの学び舎 カフェ 開催しました。 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://tawawa810.blog.fc2.com/tb.php/200-077c9ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //