都農町を中心にして、人と人とがつながり絆を結ぶために自分たちでできることからやってみよう!というグループです。
プロフィール

くらりねっとママ

Author:くらりねっとママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

ギターパパです

子どもワクワク体験講座 改め ドキドキねっとワーク第2弾

「サツマイモの苗植え」が、今度の土曜日5/19の10時から開催します。

芋ほり

都農高校西となりの公園横の畑で行います。お申し込みは0983-25-2500へ

ドキドキねっとワークの趣旨は、
「子どもたちが年間を通して
どきどきワクワクするような様々な体験活動をすることで、

地域を愛するこころを育てる講座」です。

心の中に、しっかりとした故郷を持ってほしい。
大人になって都農を離れたとしても、心の中の都農が輝いていて欲しい。
そして、外の空気を吸って大きくなって、また都農にその経験を持ち帰って欲しい。

IMG_3510.jpg

という、思いがあります。

子どもたちがすごく苦しそうに見えるときがあります。
初音ミクの「命に嫌われている」←クリック
のコピー曲を、次男坊がYouTubeで聴いていました。900万回を超える再生回数。

宮崎駿監督が、何かのインタビューで答えられていたことを思い出しました。

「自然は有限だっていうことは、子どもたちは知識として知らなくても、本能で知ってます。

自分たちが祝福されてないということも。
自分たちが生まれたこの世界は、
ああ、生まれてきてよかったですねって温かく迎えてくれるんじゃなくって、
お前たちはやばい時代に生まれたぞといっている。
だから世界っていうのはやばいところだって思って生まれてますよ。
いまの子どもたちのなかにいちばん大きく植えつけられているのはそれだと思います。

だから、なおさらちゃんと、それでもいいところがあるはずだと、

こういうふうな感じ方見方味わうことができるんだということを、

大人がいちばんやるべきなんだと思っています。」

そして、それを伝えることが出来るのは、実は、
親や先生といった縦の関係の人間ではなく、
近所のおじさんといったような、

斜めの関係の人間だと教えてくれたのは、この本↓(社会学者:宮台真司先生著)でした。
ウンコのおじさん

地域の人たちとの交わり、
それがどれだけ大事なのかがとっても心に響いた本でした。

「ドキドキねっとワーク」の活動中わたしは、やり過ぎない程度で

枠の外にこどもたちを誘い出そうと思っています・・っくっくっく
スポンサーサイト
<< ドキドキねっとワーク 芋の苗植え // ホーム // 次回のグリーンカーテンつくり隊は5/12で~す! >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://tawawa810.blog.fc2.com/tb.php/246-0a6e5e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //